免疫力向上を対応してくれるプラセンタ

私たちの体には常に外部から多くのウィルスが侵入しています。
そしてウィルスの侵入を確認すると体内の免疫細胞が働き撃退しています。
そのため常に健康な体を保つことができます。
しかし免疫細胞が低下してしまうと、普段は撃退することができていたウィルスに負けてしまい感染してしまいます。

また免疫力が低下してしまうと、ウィルスに感染したとき重症化しやすくなります。
特にがんの場合はウィルスの感染力が高く、免疫力が低下してしまうと治療を受けることができなくなってしまいます。
病気にかかってしまった時ほど自己免疫力がとても重要になります。

そこで健康な時でもいつか病気になった時でも、免疫力をレベルをあげておく必要があります。
そのために効果的な成分の一つに、プラセンタがあります。
プラセンタは美容効果が高いものとして認識されていることが多いです。
しかし免疫力を向上させる効果も期待できることが分かっています。

プラセンタは日本語で胎盤を意味します。
日本では、肝機能障害や更年期障害の症状緩和の治療薬としても認可され、保険が適応されています。

また野生の動物の場合、出産後に自分と胎盤を食べるという習慣があります。
プラセンタにはたんぱく質、脂質、糖分の3大栄養素に加え、ビタミン、アミノ酸、ミネラルなどが豊富に含まれています。
そのため出産後の疲労回復や滋養強壮のために、栄養素が豊富なプラセンタを摂取します。

プラセンタには豊富な栄養素がたくさん含まれていますが、一番の特徴は成長因子の働きです。
体内の受精卵の細胞分裂を活発にさせ、細胞を増殖させたり元気な細胞へと生まれ変わらせる働きがあります。

中でもインターロイキンは免疫細胞を活発にし増加させる働きがあります。
この成長因子が増えることで体温が上昇して、風邪が引きにくくなり体がとても丈夫になります。
プラセンタを生活の一部に取り入れることで、免疫力をあげて体全体のアンチエイジング効果を期待しましょう。