プラセンタ注射と危険性

今美容効果や治療法など様々な方法があり、選択肢がとても広くなっています。
特に需要が高い美容や健康に関しては商品数も多く、自分により適したものを選択することができます。
しかし医師の処方箋とは異なり、自分の判断で適したものを選ばなければいけません。

そこで今多くの人に認知度があり、需要が高まっているのがプラセンタです。
プラセンタは胎盤という意味があり、ブタやヒトやウマを原材料としている成分です。

胎盤は赤ちゃんが成長するにあたって、必要な栄養素を送り込む重要な働きをしています。
特に成長因子の働きは、細胞分裂を活発にしてアンチエイジングの効果を得ることができます。
これによって美白効果、保湿性、炎症を抑える効果など肌の改善にも効果的です。
またそれだけでなく、血行促進やホルモンバランスを整える効果、抗酸化作用など健康維持にもとても効果があります。
実際に更年期障害や肝機能障害の治療法として活用されているという実績もあります。

プラセンタを効果的に摂取する方法として、注射での摂取があります。
プラセンタを注射で摂取する場合、ヒトプラセンタを使用します。
そこで危険性などは無いのでしょうか。

日本では1956年に厚生労働省にとってプラセンタの注射摂取が認められています。
それから50年以上経過していますが、大きな副作用や問題点は起きていません。
どのような薬においても有効成分と同時に副作用も起きてしまいます。
しかしプラセンタに関しては、比較的副作用も少ないということが分かっています。
なので注射での摂取においては危険性が低いといえます。

ヒトプラセンタを使用する際にも、健全体の妊婦さんから取りだされた胎盤を使用しています。
そしていくつもの検査を行い、安全性が確認されたものを使用しています。
なので感染症の心配は極めて低いといえます。
しかし完全100%問題ないとも理論的に言い切れないためヤコブ病などの危険性があると噂にもなってしまいます。
現状ではこのような大きな問題もなく危険性が低いとされています。