不妊治療に最適なプラセンタ

少子化問題が深刻な中、今不妊治療が大きな問題となっています。
今では結婚して2年以内に子供が授からなかった場合、不妊症と診断される場合が多いです。
昔に比べて期間が短くなった理由としては、女性の初婚の年齢が引きあがっていることもあげられます。

女性の年齢が上がれば上がるほど、女性ホルモンの分泌量は低下してしまいます。
女性ホルモンの低下は、卵巣機能の低下につながっているため、妊娠しにくくなります。
また妊娠するためには、子宮の環境をいい状態にすることも重要です。
最近では子宮内膜症や子宮筋腫などを発症してしまう人が大変増えてきています。
そして冷え性なども子宮を冷やすことにつながり、妊娠しにくくなります。

そこでこれらの不妊の原因となる問題点に効果が得られるのがプラセンタの摂取です。
プラセンタには、たんぱく質、脂質、糖質の3大栄養素のほかに、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。
豊富な栄養素を含んだプラセンタを摂取すると不妊治療にどのような効果があるのでしょうか。

まずプラセンタには女性ホルモンの分泌を活発にし、さらにホルモンバランスを整える働きがあります。
不妊症の人の中には生理の周期が安定しない場合が多いです。
周期が安定しない場合、排卵の予定日が定まりにくく妊娠する確率が低下してしまいます。

その他にもプラセンタには血行を促進する働きがります。
血行がよくなることで冷え性が解消され、子宮内の環境を整えることができます。

また不妊症は女性だけの問題ではありません。
男性の精子の量なども問題視されています。
プラセンタには男性の精子の量を増やす効果があることも分かっています。
なので夫婦でプラセンタを摂取して不妊治療を行うのも効果的でしょう。

最後に不妊治療中の女性は、子供できないことが精神的に負担になり、自律神経が乱れてしまう可能性があります。
プラセンタには、自律神経の安定やうつ病などの症状緩和に効果があるため精神的にもお勧めです。