プラセンタと品質の違い

今美容系のサプリメントがたくさん販売されています。
中でもプラセンタは商品の種類が豊富ですが、品質の違いは各メーカーによって異なります。
最も注目すべき点は、原材料に何を使っているかです。

プラセンタは基本的には、哺乳類の胎盤を使用しています。
しかし最近では、植物性プラセンタや海洋性プラセンタを原材料として使用しているものも増えています。

哺乳類であれば何でもいいというわけではありません。
安全性が確認でき、人間が摂取した際に効果が期待できるものは限られています。
具体的には、ブタ、ウマ、ヒト、ヒツジなどがあります。
ただしヒツジが原材料のサプリメントは、日本では認められていないため海外製品を輸入する形になります。

ヒトプラセンタに関しても医療機関でしか摂取することができません
美容目的であればクリニックなどで受けることができ、自由診断なので価格はそれぞれ病院によって異なります。
また更年期障害や肝機能の向上など、治療として摂取するのであれば保険適応になります。

サプリメントに関してはブタかウマが使用されることが多いです。
ブタとウマを比較すると、ウマのほうがアミノ酸の含有量が250倍といわれています。
さらにウマにしか含まれていない必須アミノ酸が6種類摂取できます。
ただしウマの場合一年に一頭しか出産しないため、原材料を確保することが難しくなります。
最も価値の高いサラブレットの胎盤となるとより貴重価値が高くなり、商品自体の価格も高くなります。

これに比べてブタの場合は、年間数回出産するため原材料を確保しやすくなります。
ただし一度に数頭出産するため、胎盤が薄くウマに比べると栄養価が低くなってしまいます。
品質がいいものとしてあげられるのが、SPF豚の胎盤です。
飼育環境やえさなど決められた基準をクリアしなくては、SPF豚として認められません。
よりいい環境で育てられた豚の方が品質の高いプラセンタを抽出することができます。